【ラオス】治安のいいビエンチャンだが深夜は注意が必要

【ラオス】治安のいいビエンチャンだが深夜は注意が必要
基本的には治安はいいビエンチャンなので注意をしすぎても旅行がつまらなくなってしまう。(高田胤臣 撮影)
 2016年2月27日、ラオスは全体的に治安がよく、深夜に出歩いても危険な目に遭うことはそうそうないとされる。

その他の写真:ビエンチャンのナイトバザールなどがやっている時間帯は比較的安全で、これらが閉店する23時ごろから深夜にかけてが危ない。

 しかし、油断は禁物だ。やはり深夜は酔っ払いなどもいて、行動によっては絡まれてしまうこともある。また、ビエンチャンの中心地はいわゆるニューハーフの若者が集団で歩き回っており、売春を持ちかけたり、麻薬の売買などで声をかけてくる。場合によっては話をしている隙に仲間が財布をすってしまうこともあり、注意が必要である。

 こういった事件は隣国のバンコクでも多く、繁華街をただうろうろと徘徊しているような者に対しては注意しなければならない。

【執筆:高田胤臣】

あわせて読みたい

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る 2016年2月27日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら