【シンガポール】マレーシアからシンガポールに自転車で入国

【シンガポール】マレーシアからシンガポールに自転車で入国
自転車でコーズウェイを渡る人は筆者の他にも何人か見られた(撮影:小林ていじ)
 2016年4月25日、マレーシアのジョホールバルからシンガポールまではジョホール海峡を挟んでわずか約1キロの距離。コーズウェイ(旧橋)とセカンドリンク(新橋)の2本の橋で結ばれており、これらは鉄道、バス、タクシー、自家用車、バイク、さらには自転車で渡ることも可能である。コーズウェイに設けられたバイクレーンを自転車でも走ることができるのだ。

その他の写真:ビルの上に船が乗っかったマレーシアのマリーナベイサンズ

 しかし、バイクレーンはかろうじてバイク2台が並んで走れるくらいの幅しかないので、ここを自転車で走るのは中々スリルがある。筆者は実際に自転車で走ったことがあるのだが、バイクの邪魔にならないように隅のほうを走っていると、その横をバイクが何台もビュンビュンと猛スピードで走り抜けていった。

 また、マレーシアからシンガポールに自転車で入国した場合、注意点がひとつある。シンガポールに入国すると道路は高速道路になるのだが、これは自転車で走ることはできないのですぐに一般道路に下りなくてはならないということである。筆者はそれを知らずに高速道路を自転車で走り続け、警備車に捕まってきつく注意を受けた。そして街の近くまで自転車ごと乗せていってもらえたので、結果としては非常に助かったのだが。

【撮影/取材:小林ていじ】

あわせて読みたい

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る 2016年4月25日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら