インド経済動向ーHSBC投信

インド経済動向ーHSBC投信
インドのイメージ。写真はタージ・マハル。(HSBC提供)
 2016年4月22日、HSBC投信は「インド市場を見る眼~現地からの報告(4月号)」をリリースした。

その他の写真:ガンジス。

 レポートは「インド準備銀行は利下げとともに流動性対策を強化。モンスーン予報で追加利下げ観測がある」と伝えている。

インド準備銀行は利下げとともに流動性対策を強化

 インド準備銀行(中央銀行)は、4月5日の金融政策決定会合で主要政策金利であるレポレートを0.25%引き下げ6.50%とした。ラジャン総裁は「金融緩和スタンスを継続する」と発言。

 中央銀行は、この金融政策決定会合で、銀行システムの流動性拡大を図る以下の措置を決定した。これらはレポレートの引き下げよりも重要とHSBC投信は見ている。

1.政策金利のコリドー(レポレートと上限金利・下限金利との差)を1.0%から0.5%に縮小。これにより市中金利のレポレートへの収れんを図るとともに、上限金利である限界貸出金利(銀行が中央銀行から借り入れる最終手段)が0.75%引き下げられたことにより、銀行の資金調達はより容易となった。

2.現金準備率の最低遵守基準(日次ベースで中央銀行への預託が求められる最低比率) を95%から90%に引き下げ。

3.公開市場操作などを通じた銀行システムへの流動性供給の拡大。

 これまで中央銀行は、レポレートを引き下げても、民間銀行による貸出金利引き下げに結びついていないとして、不満を示していた。今回の流動性対策は、利下げの市中金利への波及を促し、ひいては経済成長をサポートすることが期待できる。

あわせて読みたい

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る 2016年4月25日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら