ベトナムで台頭するメイドインタイランド

ベトナムで台頭するメイドインタイランド
タイでは見られない、缶タイプのM-150。(撮影:高田胤臣)
 2016年10月31日、ベトナムのコンビニエンスストアに目を向けると、案外タイの製品が多いことに気がついた。

その他の写真:缶裏にはメイドインタイランドとある。

 ベトナムは商業においては首都のハノイよりも南部の都市ホーチミンの方が発展しやすく、外国企業も進出はホーチミンを選択するケースが多い。例えば、飲食店でいえばマクドナルド、小売では日本のAEONなどがある。コンビニエンスストアのサークルKもホーチミンではかなり前から定着していたが、2015年になってやっとハノイに進出した。

 サークルKの登場もあって、ハノイ市内でも小さなコンビニエンスストア、あるいは個人商店がコンビニエンスストアのような外観にしたのか、エアコンが効いてガラス張りになった店が増えている。品揃えはどこも似たようなもので、飲食物を中心に生活雑貨などを販売していた。

 その中にタイ製の製品が多く見かけられた。距離的にも近いこともあり、ベトナム国内ではタイ製品が増えているようだ。例えば、タイで低所得者層に人気の栄養ドリンク「M-150」の缶があった。タイでは瓶詰めのパッケージばかりで、缶タイプは珍しい。それから、ナッツ類もタイ製品が多かった。

【執筆:高田胤臣】

あわせて読みたい

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月31日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。