【金正男氏殺害】ネット上で噂が広まっている影武者説 根拠は写真に写っているはずの入れ墨?

 2017年2月23日、マレーシアで発生した金正男氏殺害事件についての報道が、連日トップニュースで伝えられているが、日本の「2ちゃんねる」のような掲示板や「YouTube」などでは、この事件についてのある噂が飛び交っている。

その他の写真:金正男氏が拠点としていたマカオ(撮影:中野鷹) 

 金正男氏は生きている。殺害されたのは、正男氏の影武者だ。この噂の根拠の1つとして挙げれているのは、メディアに公開された襲撃を受けた直後、医療室での1枚だ。すでに意識を失っているのか目を閉じて、右手を上げて、腹を出した姿は世界へ衝撃を与えた。

 この写真のどの点が問題になっているかと言えば、少し見えている腹にあるものがないことだ。あるものとは、金正男氏が全身に彫り込んでいるとされる入れ墨だ。

 2001年5月に偽造パスポート所持の容疑で、日本で拘束されたときに金正男氏は身体検査を受けている。そのときに背中を覆うような大きな龍の入れ墨があったことが記録に残っている。そのことも、父親である金正日総書記を激怒させたとも言われる(朝鮮儒教的な価値観では入れ墨は好ましくないものとされているため)。

 それから12年ほど経過した2013年フジテレビの記者へ本人から送ってきたとされる写真には、体の正面側にも大きな入れ墨を彫り込んだ金正男氏と思われる男性が収められていた。一緒に写っている上半身裸の男性たちも同様に入れ墨を入れていることが分かる写真だ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク