北朝鮮について真偽その1 北朝鮮は国際的に孤立? 国交がないから日本人は行けない?

北朝鮮について真偽その1 北朝鮮は国際的に孤立? 国交がないから日本人は行けない?
拡大する(全1枚)
北朝鮮国旗(撮影:中野鷹) 
 2017年4月5日午前中にもミサイル発射実験を行うなど、日本のテレビで北朝鮮の動向が報じられない日がないくらい、北朝鮮を取り上げる頻度が高い。その影響もありほとんどの日本人は北朝鮮に対して、いつ暴走するか分からない怖い国だと、実態とかけ離れた虚構や感情も入り混じったネガティブなイメージを抱いているのが一般的だろう。

その他の写真:首都平壌は信号機が増えてきたが手信号を送る女性警官の姿も(撮影:中野鷹)

 訪日した中国人が、日本は北朝鮮の情報だらけだと驚くほど、日本のメディアやインターネット上には、北朝鮮情報があふれている。しかし、その中にどれだけ正確な情報があるのかを考える機会は、少ないのではなかろうか。
 
 今回は、インターネット上でまことしやかに語られる、北朝鮮情報を検証して、真偽についてお伝えしたい。

 ・北朝鮮は国際的に孤立している。

 よくテレビでも語られる内容だ。しかし、2017年4月現在、北朝鮮は、世界164カ国(166という統計も)と、国交を結んでいる。国連加盟国が192カ国なので、ほとんどの国と国交を結んでいることが分かる。国交を結ぶ=人の往来や交易を活発するというわけではないので、国交はあるが、実質的な関わりがない国も含むことになる。
 
 先進国で北朝鮮と国交がないのは、アメリカ、日本、フランスくらいで、朝鮮戦争で国連軍として戦ったイギリスは2000年に国交を樹立している。当然ながら分断した韓国とも国交はない。北朝鮮と韓国が同時に国連加盟した1991年以降は、南北等距離外交をとる国が多く、さらに2000年イギリス、2001年にはカナダやニュージーランドと国交樹立など2000年以降も北朝鮮と国交を結ぶ国は地味に増え続けているのが現実なのだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク