【タイ】11月からビーチを罰則付きで禁煙化へ

 2017年11月1日から、タイ政府は国内の有名ビーチの全面禁煙化を実施する。違反者には罰金10万バーツ(約30万円)または懲役1年が課される厳しいもの。

その他の写真:賑わうプーケット島パトンビーチも全面禁煙に。(写真家 太田亨氏提供)

 タイの各ビーチでは、これまで観光地のビーチでの喫煙で2.5キロメートル内にで6万本の吸い殻が回収される(プーケット島パトンビーチの事例)など、対応に苦慮してきた。

 タイ政府は、まず有名観光地のビーチから禁煙を適応する考えだ。対象となるビーチは以下の通り

・パタヤ(チョンブリー県)
・ヂョムティエン(チョンブリー県)
・バンセーン(チョンブリー県)
・パトン(プーケット県)
・チャアム(ペチャブリー県)
・カオタキアッブ(プチュアッブキーリカーン県)
・ボプット(サムイ島)他5ヶ所

 タイ政府は、最終的には国内の全ビーチを禁煙にする考え。法令施行直後は取り締まりも厳しくなるので、愛煙家は年末年始にかけての観光シーズンは十分に注意する必要がある。

【翻訳/編集:Tawan】

当時の記事を読む

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月26日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。