【インド】政策金利を0.25%引き上げ6.50%にーHSBC投信レポート

【インド】政策金利を0.25%引き上げ6.50%にーHSBC投信レポート
拡大する(全1枚)
インドのイメージ
 2018年8月1日、インド準備銀行(中央銀行)は、政策金利を0.25%引き上げ6.50%とした。

その他の写真:インドのイメージ

 (HSBC投信レポート)インド準備銀行(中央銀行)は8 月1 日(水)、インフレ抑制と資本流出抑制を目的に、市場予想通り、政策金利のレポレートを0.25%引き上げ6.50%とすることを決定し、即日実施しました。中央銀行は今年6月に2014年1月以来の利上げを実施しており、2会合連続の利上げとなりました。なお、金融政策のスタンスは「中立」を維持しました。

 中央銀行は、声明で「国内の経済活動は増勢を維持しており、需給ギャップは解消した。しかし、向こう数ヶ月は、インフレ率を巡る不確実性について注視する必要がある」としています。また、消費者物価指数(CPI)上昇率を4%に維持する中期目標の公約達成を再確認しました。

 インフレ率は6月のCPIが前年同月比+5.0%と5月の+4.9%から僅かながら加速しました。食料品とエネルギーを除くコアインフレ率も上昇しました。CPI上昇率は昨年6月の+1.5%を底に上昇傾向を辿っています。

 一方、今回の利上げは大方の予想通りであったため、市場は反応薄でした。

 HSBC投信の見方~インドの株式・債券市場を引き続き有望視

 今回の利上げは2会合連続であり、また政策スタンスは「中立」が維持されたことから、当面は追加利上げの可能性は低いと当社は見ています。また、将来の金融政策についても、長期に亘る、大幅な利上げ局面に入ることはないと考えます。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク