【ミャンマー】大韓航空機=空港で接触事故、パイロットは気付かずにそのまま離陸

【ミャンマー】大韓航空機=空港で接触事故、パイロットは気付かずにそのまま離陸
大韓航空機が接触事故を起こした。被害に遭ったバンコクエアウェイズのATR72‐500型機(資料写真)
 2015年2月13日、タイメディアによると、ミャンマー・ヤンゴン空港で、大韓航空のエアバスA330-200型機が、スポットから滑走路に向かう走行中に、他の航空機に接触し、気がつかないまま、離陸する事故があった。

その他の写真:バンコクエアウェイズのATR72‐500型機(資料写真)

 大韓航空機は離陸から20分後に管制塔から、接触事故を起こしていたとの連絡を受け、すぐにヤンゴン空港に引き返した。乗客134人と乗員11人は無事だった。空港職員が接触事故を目撃し管制塔に連絡したことで、接触事故が分かった。

 接触事故の被害にあったのは、バンコクエアウェイズの小型プロペラ機・ATR72―500型機。尾翼に、大韓航空機の翼の先端が接触した。事故当時、バンコクエアウェイズ機は、出発準備前で誰も搭乗していなかった。バンコクエアウェイズ機は、13日朝にバンコクに向かう予定だったが運航を中止した。

 大韓航空は事故について「ヤンゴン空港は真っ暗で、機長はバンコク エアウェイズのATR72‐500型機が駐機していることを認識できなかった。計器上も正常だったので、通常の通り離陸したが、管制塔の指示でヤンゴン空港に戻った」と話している。
【編集:高橋大地】

あわせて読みたい

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年2月14日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。