【タイ】BNK48に続け! 日本のアイドル人気急上昇『 W.(ダブルヴィー)』も出演Siamdol

【タイ】BNK48に続け! 日本のアイドル人気急上昇『 W.(ダブルヴィー)』も出演Siamdol
バンコク郊外のローカルイベントにも参加し、大人気を博したW.(ダブルヴィー)の五人
 2019年3月9日、バンコク都心の商業施設サイアムワンにあるサイアムピカネーで、日本とタイのアイドルが一堂に会したコンサート「Siamdol」が開催され、集まったタイのアイドルオタク達の熱気に包まれた。

その他の写真:チャリティーアイドル(チャリドル)として社会貢献にも積極参加しているNAO、YURI、REIKA、NOZOMI、KURUMIの W.(ダブルヴィー)

 タイで日本的なアイドルとして、人気、知名度ともにトップを独走するBNK48に続けと、タイ人のユニットだけでなく、日本とタイの混成ユニットや日本からの遠征組など、アイドル市場が活況を見せ始めている。

 今回開催されたSiamdol(サイアムドル)コンサートは、昨年に続いて2回目の開催。主催代表のスット・ブンサワン氏は、第6期のモーニング娘。をキッカケに日本のアイドルを追い掛け、毎年6~7回も日本を往復。BNK48の成功を見て、自らもタイでアイドルを育成したいと、昨年、日タイ混成ユニット、Siam Dream(サイアムドリーム)を企画、プロデュースを始めた。

 さらに、自らのユニットだけではなく業界自体の底上げもはかりたいと始めたのが、このSiamdolコンサートだ。コンサートには、タイのほか、日本、香港、インドネシア、ベトナムから合計11組が参加。タイと日本を中心とした友好事業の一環としても位置付けている。

 今回参加したグループの中で異彩を放っていたのが、大阪から遠征参加したW.(ダブルヴィー)。最年少16才メンバーを含む、NAO、YURI、REIKA、NOZOMI、KURUMIの5人組のユニット。今年1月に開催されたJapan Expo 2019への出演に続いて2回目の来タイという彼女たちは、コンサートやファンミーティングイベントだけではなく、社会奉仕にも貢献したいと今後も来タイするたびに、NGO施設などを訪れる予定と言う少し違った視点を持っている。

あわせて読みたい

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る 2019年3月17日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。