【タイ】新鉄道建設、中国からの融資を断念=日本に期待

【タイ】新鉄道建設、中国からの融資を断念=日本に期待
「戦場にかける橋」として有名なカンチャナブリーのクウェー川鉄橋。ミャンマーに接するバンコクからの新路線はこの付近を通ることになる。
 2015年2月18日、タイ軍事政権のプラチン・チャントーン運輸大臣は、中国と共同で進める新鉄道建設にかかる事業費用への融資について、中国から提案された金利が高いために、他の国からの融資を受ける方向で検討していることを明らかにした。

その他の写真:新規の鉄道計画が進む中、老朽化が目立つバンコク中央駅。

 当初、中国とタイの間では鉄道建設にあたり、事業資金の融資も中国から受けることを前提に進められてきた。その中で、中国に対しては、2%の金利で5年間の返済猶予と15年間の返済期間を提案していた。

 しかし、ここにきて、中国側から提示された融資への金利が想定されていた2%ではなく、4%と高いことが判明。中国側は、2%は発展途上国向けの金利であり、タイは発展途上国とは言い難い、との説明がなされたという。

 関係筋によると、現在、中国から100%を調達することをあきらめ、ほかの複数の資金調達案を検討している。建設国債の発行などで国内予算から捻出するほか、日本からの融資が一番期待できるという見込みを明かした。

 先日、プラユット首相と日本の安倍首相との間で交わされた覚え書きには、バンコク─チェンマイルート、ターク─ムクダハーンルート、さらにカンチャナブリからバンコクを通り、カンボジア国境とラヨーンへ到るルートについて、ミーティングを重ねていくことが記されている。

 プラチン運輸相は、日本側がまず興味を示したのは、チェンマイルートであるとし、ついで、ターク─ムクダハーン、そして、カンチャナブリールートもミャンマーのダウェイ工業地区開発とあわせて興味を示していたことを明らかにした。

【翻訳/編集:そむちゃい吉田】

あわせて読みたい

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る 2015年2月21日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら