【タイ】北部国境に埋もれた「日本兵とタイ人の友好」を後世に伝えた元警察署長

 2019年8月15日の終戦記念日、毎年タイ各地にある慰霊塔でも追悼法要が営まれ、戦火に散った英霊を弔う。戦時中に旧日本軍が実質的に支配したここタイでも北部チェンマイなどで法要が営まれている。かつてそこに参列したタイ人の中に、当時の記憶と記録を後世に残すことに生涯を捧げたタイ人元警察署長がいたことは人々の記憶から忘れられつつある。

その他の写真:インタビューした際のチューチャイ氏(2013年撮影)

 チューチャイ・チョムタワット元警察中佐が、1995年(平成7年)から警察署長として赴任したタイ北部ミャンマーと国境を接するメーホンソン県のクンユアムは、悪名高きインパール作戦の出発基地であり、作戦失敗後の白骨街道の帰結地であった。チューチャイ氏は、同地に赴任してすぐに各家に日本兵たちの遺品がたくさん保管されていることに気がついた。

 村人たちの話を聞いているうちに興味を掻き立てられた氏は、やがて遺品を集め、村人たちの話を書き留めて膨大な資料を収集した。そして集められた遺品はやがて、日本人有志の賛同も得て旧日本軍博物館として展示された。村人たちから聞き取り集められた話の数々は「第二次世界大戦でのクンユアムの人々の日本の兵隊さんの思い出」として一冊にまとめられた。

 そこには、同じタイ国内カンチャナブリでの泰緬鉄道建設にまつわる旧日本軍の所業として、世界中に喧伝され、日本人ですら刷り込まれている戦時中の日本の姿とは全く違うストーリーが書き記されている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク