阪急交通社「ワイサック祭に行くバリ島・ジャワ島6日間」ASEANツーリズム・アワード受賞

阪急交通社「ワイサック祭に行くバリ島・ジャワ島6日間」ASEANツーリズム・アワード受賞
ボロブドゥール ワイサック祭り (阪急交通社 提供写真)https://www.asean.or.jp/ja/tourism-info/20200219/
 国際機関日本アセアンセンターは、ASEAN諸国の魅力の開発・紹介に貢献する、優れたツアー商品を表彰する「ASEANツーリズム・アワード・ジャパン2019」を実施した。「【トラピックス30周年特別企画】ワイサック祭に行くバリ島・ジャワ島6日間」を、審査員特別賞に選んだ。

その他の写真:「ASEANツーリズム・アワード・ジャパン 2019」https://www.asean.or.jp/ja/tourism-info/20200219/

旅行会社 : 株式会社阪急交通社
オペレーター: 株式会社エス・プランナー
航空会社 : ガルーダ・インドネシア航空

 「仏教の聖地」での「スカイランタン」に、魂が洗われる。年に一度、世界遺産「ボロブドゥール」で開催される仏教の祭典。夕暮れを迎える空には、たくさんの天燈が上がる。天燈とは、熱気球の一種で「孔明灯」とも「スカイランタン」とも呼ばれる。人々の安全や平和を祈願して、空に放たれて、地上を照らす。

 ジャワ島には4つの世界遺産がある。その内の一つがボロブドゥール寺院遺跡群。高さ35メートルで、9層の回廊から成立している世界最大にして最古の仏教遺跡と言われる。

 その信仰の拠点が、祭りの日は、遺跡としてではなく、「仏教の聖地」として輝く。なぜこの地に根強い信仰があるのか。観光しながらいろいろな仮説を立てるのも面白い。

 旅行を企画した、阪急交通社・東日本営業本部 新井奏一郎さんは『2018年にインドネシア担当になり、ジャワ島・バリ島を視察しました。今まで販売していなかった現地の素材を探し、仏教の祭典である「ワイサック祭」を知りました。ワイサック祭りに参加し、雰囲気は非常に厳かで感動的でした。他国の天燈上げ祭とは違い、商売色もありません。そこで、2019年のトラピックス30周年記念企画商品として企画しました。

あわせて読みたい

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月28日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。