フィリピン セブ・マクタン島では、布製マスクが主流

フィリピン セブ・マクタン島では、布製マスクが主流
スーパーマーケットの前で、布製マスクを販売するスタッフ
 2020年4月5日、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからないフィリピンでは、死亡者が152人、感染確認者は3,246人に増えており、医療関係者にも感染が広がっている。

その他の写真:耳ひもは、衣類用のゴム紐が使用されている

 フィリピン各地では、使い捨て不織布マスクの入手が困難になっており、布製マスクが主流になっている。マクタン島ラプラプ市での価格は値上がりしており、先週35ペソ(77円)で販売されていたものが、50ペソ(110円)になった。マスクの着用は徹底されており、スーパー内で買い物をしている人のマスク着用率は100%だ。

 作りはシンプルで、顔の形にフィットしやすいよう、薄いスポンジを表裏の布で挟んでいる。丁寧に手洗いすれば繰り返し10~20回程度利用可能だという。耳紐には、衣類用のゴム紐が使用されている。

【編集:Eula Casinillo】

あわせて読みたい

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月6日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。