2020年6月4日、フィリピンでの新型コロナウィルス感染確認者は、20,382人。死亡者984人。回復者4,248人になった。

その他の写真:マニラ・マカティ市の自転車店では、83歳の高齢生活困窮者に自転車を寄贈(WEBメディアABS-CBNサイトから)

 マニラ市のカローカン地区では、感染確認者数が増えているため、自宅待機要請を出した。6月3日から6月11日まで。

 WEBメディアABS-CBNによると、マニラ・マカティ市の自転車店では、83歳の高齢生活困窮者に自転車を寄贈した。この男性は、毎日自転車店を訪れ、店頭価格4,800ペソの自転車を2,000ペソで販売してほしいと懇願していた。その様子を見ていた自転車店経営者の4人の娘が気の毒に思い、寄贈することを決めた。
【編集:Eula Casinillo】