【タイ】注意! バンコクでも危険! ヘビやトカゲ、虫が多いタイ

 2015年4月6日、タイ旅行に日常的に起こる事案の注意喚起をしたい。それはタイは首都バンコクでさえもやぶなどでは触れると大けがをする動物などが生息していることだ。

その他の写真:ビジネス街のシーロム通り交差点にあるルンピニ公園はジョギングや子どもの遊具、ボートなど市民の憩いの場になっているが、ヘビやトカゲ、虫が多く生息。池では小型のワニの目撃情報もある。

 タイでは親が子どもたちにしきりに注意するのは「やぶに入ってはいけない」ということだ。バンコクの高級マンションの敷地内にある人工的な公園でさえ、ちょっとしたやぶの中にはヘビなどが潜んでいる。ムカデなども日本では珍しいような大きさのものがいたり、少なくとも裸足のまま林などに足を踏み入れることは自殺行為に近いものがある。

 都会のオアシスともいわれるシーロム通り交差点にあるルンピニ公園も憩いの場であるが、イグアナのような爬虫類やヘビがそこら中にいる。また、池の周辺では小型のワニの目撃情報もある。

 毒のないものであればいいが、噛まれたりするなどの危険がある。救急車もバンコクでは昼間は渋滞で到着も搬送も時間がかかる。山中のトレッキングなどで装備がしっかりしていれば別であるが、軽装でやぶや林などに入ることは避けるようにすべきである。
【翻訳/編集:高田胤臣】
編集部おすすめ

当時の記事を読む

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク