【コラム】やるじゃん「バイデンさん」正しいよ~
拡大する(全1枚)
韓国のイメージ
 2022年5月22日、アメリカのバイデン大統領は、日本の横田基地に到着した。午前中までは、韓国にいた。

その他の写真:韓国のイメージ

 まだ在任期間が10日ほどだからか、尹大統領の名前を「文大統領」って間違えたりして、なかなかおちゃめなおじいちゃんって感じがした。その昔、文大統領が、大統領=presidentであるにも関わらず、首相=prime ministerと連呼した。まったくブレていないところが、実はキレキレの頭のおじいちゃんなのかもしれない。

 人間、特に国のトップにとっては、国交のない国のトップや自国の悪口ばっかり言っている国について、あまり語りたがらない。相手にしたくないという心理だ。相手にする価値もないっていう意思表示かもしれない。時々、言われたら倍返すトップがいないことはないが、「存在していない」扱いする方が、相手をイラっとさせることができるかもしれない。

 韓国を去る直前の会見で、バイデン氏は北朝鮮の核実験再開の準備に着いて「それに対する準備はできている。アメリカの行う対応に関しては心配ない」と答えた。

 記者は畳みかける、北朝鮮のトップへのメッセージを求める。

「hello…period(こんにちは。…。以上! )」

 こんな簡潔な答弁はあるだろうか。きちんと挨拶した。それ以上なにか言うことがああるだろうか。さすが、長く生きているだけあって、処世術ができている。

 これに関しては、北朝鮮トップも、「me too…period」しか返せないだろう。haloと言われて「うるさい、バカ野郎」なんて、トップが言えるはずなかろう。一番肝を冷やしたのは、北朝鮮LOVEの文前大統領かもしれない。

 明日の天皇陛下との会談も期待しているよ! バイデンさん。

 ちなみに、わが国のprime ministerからお好み焼き出されたら、なんて言うかちょっと楽しみ。
【編集:fa】