2024年6月16日から、エアアジアは、成田=高雄線の運航を開始した。

その他の写真:成田発の搭乗ゲートではエアアジアのシンボルカラーを使った風船の装飾で新 規就航を祝った

 このフライトは、タイ・エアアジア(FD)が、以遠権を活用し、成田=高雄=バンコク(ドンムアン)間を運航するもの。
この日、高雄からの初便はウォーターサルートで歓迎され、成田発の搭乗ゲートではエアアジアのシンボルカラーを使った風船の装飾で新規就航を祝った。

 タイ・エアアジアは、成田=高雄線就航の前日となる6月15日に、沖縄=台北(桃園)=バンコク(ドンムアン)線の運航を開始した。

 タイ・エアアジアのサンティスク・クロンチャイヤ (Santisuk Klongchaiya)最高経営責任者(CEO)は、『成田=高雄線と沖縄=台北線の6月の平均予約率(往復)がそれぞれ80%、98%と好調です。「スカイトラックス社よりワールド・ベスト・ローコスト航空会社に選ばれ続けているエアアジア・ブランドが 提供する安心感と手頃な価格に加え、高い定時運航率でお客様のニーズにお応えしてまいります。」と話している。

 また、エアアジア X(D7)は、8月1日から大阪(関西)=台北(桃園)=クアラルンプール線を新規開設する。
【編集:af】