知らなかったお中元のマナーランキング

 もうすぐお中元の季節。親類やいつもお世話になっている人への感謝の気持ちを込めて贈る「夏のギフト」は、何を贈るかも大切ですが、それ以前に押さえておくべき「お中元のマナー」については意外と知らないことも。そこで今回は、みんなが知らなかったお中元のマナーを調べてみました。


ランキングをもっと見る
 お中元を買うときは、大抵の場合「のしの表書きはどうしますか?」と聞かれるもの。最も一般的な表書きは「御(お)中元」ですが、目上の方に贈る場合には少し違って「暑中御伺い」や「残暑御伺い」など、「伺い」という言葉を使う方が好ましいこと、ご存知でしたか? また「中元」「暑中」「残暑」という言葉も、贈る時期によって使い分けるのが正式な贈り方。地域によってお中元の時期は違うのですが、大きく分けると東日本は7月初旬から7月15日まで、西日本は8月初旬から8月15日までが「御(お)中元」という表書きを使うのに適切な時期。できればこの時期に合わせて贈りものを選びたいものですが、もし時期を外れてしまった場合には表書きを変える気配りを忘れずに。

 喪中の時にお中元を贈るかどうかも、多くの人が迷うポイント。お中元は感謝の意を表すものなので《喪中の時に贈ってもよい》とされていますが、初七日が終わらぬうちや法要の日に持参するのはやはり避けた方が良い、という注意点や、《喪中の時に贈る場合は、のし紙や水引はつけない方がよい》という注意点もあるので、贈る際には気をつけましょう。

あわせて読みたい

gooランキングの記事をもっと見る 2010年6月29日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。