将棋ブームが到来?従来のイメージをくつがえす“ヒト・モノ・コト”とは?

将棋ブームが到来?従来のイメージをくつがえす“ヒト・モノ・コト”とは?
激走する桐谷さん、食べすぎのひふみんにコンピュータ戦…いま将棋がヤバい!
「将棋」と聞くと、地味で堅苦しいイメージを抱く人が多いだろう。しかし、従来のイメージをくつがえす“ヒト・モノ・コト”がさまざまな分野で注目を集めている。今回はその基礎知識をザックリ紹介。これを読めば、新しい将棋ブームのポイントがわかるはずだ。

まずは、深夜帯で2ケタの高視聴率をほこるバラエティ番組『月曜から夜ふかし』。その人気コーナーが、株主優待で暮らす桐谷さん(将棋の元プロ棋士)に密着するシリーズである。有効期限までに株主優待券を使い切るため、ママチャリで激走する姿が話題になり、将棋連盟から桐谷さんグッズ(うちわ、ハンドタオルなど)が発売されている。

ほかにも、トーク番組『アウト×デラックス』には元名人の加藤一二三九段(愛称:ひふみん)が準レギュラーとして出演。ハイトーンボイスで語る無邪気な自慢話、常人離れした食欲、長すぎるネクタイなど、愛らしい“アウト”なキャラクターで人気を集めている。先日、60冊限定で発売されたサイン本はネットショップで1時間以内に完売した。

|ニコニコ動画の隆盛で“観る将”が増加

前述したユニークな棋士以外にも、将棋界には数々の人気者がいる。テレビだけではなく、ニコニコ動画などネットメディアへの露出が増えたことで観る将(イベントや対局を観る専門の将棋ファン)が増加。活躍するイケメン棋士や美人棋士が注目されるようになったのだ。

イケメン棋士の代表格といえるのは、NHKのニュース番組にレギュラー出演していた中村太地六段。コンピュータソフトと対戦する『電王戦』に出場した斎藤慎太郎六段は、その甘いマスクから「新・西の王子」と呼ばれている。ちなみに「元祖・西の王子」は山崎隆之八段。「東の王子」は昔も今も阿久津主税(ちから)八段である。

あわせて読みたい

gooランキングの記事をもっと見る 2015年7月6日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。