緊張しすぎてつらい…対人恐怖症を克服する5つのポイント

初対面の人に会ったり、大勢の前でスピーチするなどは誰もが緊張するものですが、その不安にとらわれすぎる人は対人恐怖症かもしれません。その症状と克服法をまとめました。
実は日本人に多い病気
対人恐怖症は、人から変に思われるのではないか、嫌われたらどうしようといった人間関係の不安から起こると考えられます。欧米各国の個人主義社会に比べ、日本は集団を大切にする社会のため、自分の意見より人からどう見られるのかを気にします。実は10人に1~2人がかかるといわれ、強迫神経症の中でも日本人に多く見られる心の悩みです。アメリカ精神医学会の分類では社会不安障害には含まず、文化依存症候群、つまり日本社会固有の病気として分類されているほど、日本人らしい病気なのです。

そもそも、人見知りや、人に気を使う、人前に出ると緊張するといったことは、誰にも起こること。これが過度に強くなり、この悩みにとらわれるようになってくると日常生活もままならない状態に。こうなると対人恐怖症と言えます。対人恐怖症には大きく分けて以下のタイプがあります。

◯対人緊張
対人恐怖症の典型的なタイプ。学校や会社などのグループで、自分だけが孤立したように感じる。他人とのコミュニケーションの方法がわからない。他人の存在を過剰に意識し、緊張や苦痛を感じる。

◯赤面恐怖
人前に立つと顔が赤くなったり、人に注目される場面を過剰に意識したり、人が集まる場所を避けるタイプ。特定の場面で顔が赤くなっているのを指摘されたのをきっかけに、人前が苦手になる場合も。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

gooランキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク