今では信じられない!昭和の常識ランキング

今では信じられない!昭和の常識ランキング
拡大する(全3枚)
平成も来年で30年を迎えるわけですが、その1つ前である「昭和」はもうかなり昔の話になってしまいますね。
およそ30年の間に様々な技術や文化が進化していったワケですが、「常識」もその1つかと思います。

そこで今回は「信じられない昭和の常識」をアンケート、ランキングにしてみました。
今では信じられない「昭和の常識」とは、一体どのようなものだったのでしょうか?

1位 電車内でタバコが吸えた
2位 1ドルは360円
3位 電車のトイレは線路上に垂れ流し
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「電車内でタバコが吸えた」!

今では信じられない!昭和の常識ランキングの画像はこちら >>

今やったら確実に列車から降ろされそうな、「電車内でタバコが吸えた」が堂々の1位に輝きました。
現在は新幹線などで「喫煙所」が用意されている場合がありますが、この「電車内でタバコが吸えた」というのは一般座席で普通に吸えた、という事。
座席に灰皿が標準装備されている列車があり、当時は乗車中いつでも気軽にタバコが吸えていたそうです。

2位は「1ドルは360円」!

今では信じられない!昭和の常識ランキング

昭和24年~46年の特殊な固定相場だった、「1ドルは360円」が2位を獲得しました。
第二次世界大戦後半に締結された「ブレトン・ウッズ協定」により、円相場は今では考えられない「1ドル360円」で22年もの間固定されていたそうです。

3位は「電車のトイレは線路上に垂れ流し」!

今では信じられない!昭和の常識ランキング

明治から2002年3月まで存在していた、「電車のトイレは線路上に垂れ流し」が3位にランク・インしました。

この記事の画像

「今では信じられない!昭和の常識ランキング」の画像1 「今では信じられない!昭和の常識ランキング」の画像2 「今では信じられない!昭和の常識ランキング」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

gooランキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク