『未来のミライ』間もなく公開! 細田守監督作品の魅力に迫る

『未来のミライ』間もなく公開! 細田守監督作品の魅力に迫る
いよいよ7月20日に公開が迫った話題の劇場アニメ『未来のミライ』。2015年に公開された『バケモノの子』以来3年ぶりとなる細田守監督作品ということもあり、世間の注目度もうなぎ上りです。
今回は、希代のヒットメーカーとして知られる細田守監督について「作品」の視点から迫ってみたいと思います。

細田守監督作品の検索数1位はあの作品!

細田守監督の手腕については劇場版の短編アニメーションを制作していたころから高く評価されていましたが、今回は大きく注目されるきっかけとなった『時をかける少女』(2006年)以降の長編アニメーション5作品について、dメニューでの検索数を比べてみました。検索期間は2017年6月1日~2018年5月31日の直近1年間です。

1位 サマーウォーズ
2位 時をかける少女
3位 おおかみこどもの雨と雪
4位 バケモノの子
5位 未来のミライ

細田守監督作品の中で最も多く検索されていたのは、17歳の理系少年が憧れの先輩やその家族と世界の危機に立ち向かい、成長していく姿を描いた『サマーウォーズ』(2009年)でした。検索数を見てみると細田守監督作品全体の実に半数近くを占めており、圧倒的な人気を集めていることが分かります。
次いで多く検索されていたのは、1965年に同名の原作小説が発表されて以来、初のアニメーション映画化として注目を集めた『時をかける少女』(2006年)でした。こちらも『サマーウォーズ』には及びませんが、全体の1/3程度の検索数でした。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。