映画『翔んで埼玉』が大きな話題に! その理由は?

2月22日に全国で公開された映画『翔んで埼玉』。今、この1本の映画が日本中の話題を集めています。
公開直後に発表された全国週末興行成績の国内映画ランキング(2月23~24日)では見事1位に輝き、公開開始からわずか3日間で、24万7,968人を動員する大ヒットとなっています。そこで今回は、『翔んで埼玉』の人気について検証してみました。

『翔んで埼玉』はどんな作品?

『翔んで埼玉』は、『パタリロ!』で知られる人気漫画家・魔夜峰央が1982年に発表した同名漫画を原作とする作品です。
原作漫画は2015年に復刊されましたが、埼玉県を強烈にディスるユニークな内容がネットやさまざまなメディアで取り上げられ、55万部を超える大ヒットとなりました。

映画は、二階堂ふみ演じる東京都知事の息子・壇ノ浦百美(だんのうらももみ)と、GACKT演じる隠れ埼玉県人の転校生・麻実麗(あさみれい)との県境を越えたラブストーリーを描く「伝説パート」。そして、とある埼玉在住の一家を通してその伝説を振り返る「現代パート」の2部構成となっています。

『翔んで埼玉』に関する検索が急増した時期は?

それではここで、『翔んで埼玉』に関する検索がいつ増えていたのかをdメニューの検索ログから見ていきましょう。検索期間は、映画公開初日の2月22日を含む2018年10月1日~2019年2月24日です。

映画『翔んで埼玉』が大きな話題に! その理由は?

最初に検索数の上昇が見られたのは、10月29日の週でした。

あわせて読みたい

gooランキングの記事をもっと見る 2019年3月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。