ジャンプ史上最強の画力を持つ漫画家ランキング

創刊から50年以上経った今も、幅広い年齢層から愛され続けている『週刊少年ジャンプ』。今までに数々の漫画家の作品が連載されてきましたが、中でも特に画力が高いと評価されるのは一体どの漫画家なのでしょうか。そこで今回は、ジャンプ史上最強の画力を持つ漫画家について探ってみました。

1位 鳥山明
2位 小畑健
3位 村田雄介
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「鳥山明」!

日本を代表するバトル漫画として世界中に多くのファンを持つ名作『ドラゴンボール』や、キャッチーなキャラクターが多数登場するギャグ漫画『Dr.スランプ』などでおなじみの鳥山明。特に『ドラゴンボール』では手に汗握る戦闘シーンが多数描かれており、まるで実写映画を見ているようなリアリティーを感じることができます。技を繰り出したときの勢いやスピード感を見事に表現し、見る人を強くひきつけます。キャラクターの筋肉等の描写もうまく、「年々画力が上がっている」と感じている人が多数。1位となりました。

2位は「小畑健」!

映画化、テレビドラマ化され話題になった『DEATH NOTE』や『ヒカルの碁』でおなじみの小畑健。彼の絵のタッチはとにかく繊細。髪の毛一本一本に動きが感じられるほど細部まで描き込まれています。一見きれいな絵に見えますが、人の深層心理が表れる醜い表情の描写も得意としており、追い詰められた表情や顔をゆがませて笑う表情は寒気がするほどリアル。唯一無二の画力を誇る小畑健が2位となりました。

当時の記事を読む

gooランキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク