一番面白いと思う漫画原作の実写化映画ランキング
拡大する(全3枚)
『斉木楠雄のΨ難』
日本を代表するポップカルチャーとして世界にも広く知られている「漫画」。映画においても、人気漫画を原作とする作品が数多く公開されていますよね。
そこで今回は、一番面白いと思う漫画原作の実写化映画はどの作品なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 斉木楠雄のΨ難
2位 キングダム
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は『斉木楠雄のΨ難』!

一番面白いと思う漫画原作の実写化映画ランキングの画像はこちら >>

『週刊少年ジャンプ』で2018年まで連載されていた同名ギャグ漫画を実写化。生まれながらに超能力を備えながら「普通に生きたい」と願う高校生の斉木楠雄(山崎賢人)が、毎年恒例の文化祭で次々と災難に巻き込まれていく姿が描かれる。

公開日:2017年10月21日
原作:麻生周一
監督:福田雄一
キャスト:山崎賢人、橋本環奈、吉沢亮 他

2位は『キングダム』!

一番面白いと思う漫画原作の実写化映画ランキング
『キングダム』

『週刊ヤングジャンプ』で連載中の同名歴史漫画を実写化。紀元前の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す孤児の少年・信(山崎賢人)と、中華統一を目指す若き王・エイ政(吉沢亮)の活躍が描かれる。2022年7月には続編の公開も予定されている。

公開日:2019年4月19日
原作:原泰久
監督:佐藤信介
キャスト:山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ 他

1位は『君に届け』!

一番面白いと思う漫画原作の実写化映画ランキング
『君に届け』

『別冊マーガレット』で2017年まで連載されていた同名恋愛漫画を実写化。見た目の印象から「貞子」とあだ名を付けられた高校生の少女・黒沼爽子(多部未華子)が、誰にも分け隔てのないクラスメートの少年に心引かれていく姿が描かれる。

この記事の画像

「一番面白いと思う漫画原作の実写化映画ランキング」の画像1 「一番面白いと思う漫画原作の実写化映画ランキング」の画像2 「一番面白いと思う漫画原作の実写化映画ランキング」の画像3