映画の世界ではこれまで漫画や小説などを実写化した作品が数多く製作されてきましたが、原作を知っている人も納得するほど完成度が高い作品となると、意外に少ないものですよね。
そこで今回は、期待以上だった2020年代の実写化映画はどの作品なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。


3位 線は、僕を描く
2位 今日から俺は!!劇場版
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は『線は、僕を描く』!

期待以上だった!2020年代の実写化映画ランキング!3位「線...の画像はこちら >>

砥上裕將の同名青春小説を、横浜流星の主演で実写化した『線は、僕を描く』。両親を不慮の事故で失い、喪失感を抱えながら生きる大学生・青山霜介。アルバイト先の絵画展設営現場で水墨画の巨匠と出会った霜介は、彼の下で水墨画を学ぶ事になり、線によって命を描く芸術・水墨画に、戸惑いながらも魅了されていきます。

劇場公開日:2022年10月21日
監督:小泉徳宏
原作:砥上裕將
キャスト:横浜流星(青山霜介 役)、清原果耶(篠田千瑛 役)、細田佳央太(古前巧 役) 他

2位は『今日から俺は!!劇場版』!

期待以上だった!2020年代の実写化映画ランキング!3位「線は、僕を描く」2位「今日から俺は!!」、1位は…
『今日から俺は!!劇場版』

西森博之の漫画を、賀来賢人と伊藤健太郎の共演で実写化したドラマの映画版『今日から俺は!!劇場版』。転校を機に“ツッパリ(不良)”デビューした軟葉高校の三橋貴志と伊藤真司。二人は、かつて戦いを繰り広げた開久高校の一角に隣町の極悪校・北根壊高校が間借りをしたのをきっかけに、抗争に巻き込まれていく事になります。


劇場公開日:2020年7月17日
監督:福田雄一
原作:西森博之
キャスト:賀来賢人(三橋貴志 役)、伊藤健太郎(伊藤真司 役)、清野菜名(赤坂理子 役) 他

1位は『るろうに剣心 最終章』シリーズ!

期待以上だった!2020年代の実写化映画ランキング!3位「線は、僕を描く」2位「今日から俺は!!」、1位は…
『るろうに剣心 最終章』シリーズ

不殺を誓う流浪人・緋村剣心の活躍を描いた和月伸宏の人気漫画を、佐藤健の主演で実写化した大ヒット映画シリーズの完結編『るろうに剣心 最終章』シリーズ。2部作の「The Final」では上海マフィアの武器商人・雪代縁との戦いが、「The Beginning」では、剣心の頬に刻まれた十字傷の秘密と不殺を誓うまでの物語が描かれます。

劇場公開日:2021年4月23日(The Final)、2021年6月4日(The Beginning)
監督:大友啓史
原作:和月伸宏
キャスト:佐藤健(緋村剣心/抜刀斎 役)、武井咲(神谷薫 役)、有村架純(雪代巴 役) 他

邦画最高レベルのアクションシーンが話題となり、2作併せて65億円以上の興行収入を記録した『るろうに剣心 最終章』シリーズが1位に輝いた今回のランキング。気になる4位~44位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが期待以上だったと思う2020年代の実写化映画は、何位にランク・インしていましたか?

写真:タレントデータバンク
伊藤 健太郎|1997/6/30生まれ|男性|東京都出身)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:1,210票
調査期間:2024年5月29日~2024年6月12日