良質な睡眠を得るには?NG行動から改善すべき寝室環境を専門家に聞いた!

良質な睡眠を得るには?NG行動から改善すべき寝室環境を専門家に聞いた!
良質な睡眠を得るには?NG行動から改善すべき寝室環境を専門家に聞いた!
みなさん、睡眠は毎日きちんと確保できているだろうか? 忙しい現代人は、睡眠を削って仕事をしていたり、プライベートを犠牲にしている人が後を絶たない。睡眠時間を確保できないとなると、限られた時間で良質な睡眠を得たいと願うもの。そこで睡眠の質の見極め方、良質な睡眠を得るためのヒント、睡眠の質を落とすNG行動、寝室環境の改善方法について、睡眠栄養アドバイザー(R)協会代表の山口真由子さんに日頃心掛けたいことをお伺いしてみた。

■睡眠の質は『寝つきまでの時間』と『眠りの深さ』でチェック

「今より質の良い睡眠を目指すのであれば、まず自分の睡眠がどれくらい良いのか・悪いのかを把握することです。最近は睡眠計測アプリやウェアラブル端末で、自宅で気軽に測定することも出来るようになりました。測定をしたら二つの点をチェックしてください。ひとつは『寝つきまでの時間』です。寝つきまで8分以内の方は、疲れすぎのサインと言われています。寝つきまで15分程度の方は理想的です。寝つきまで30分以上かかる方は、不眠症の診断基準に該当する可能性があります」(山口さん)

寝つきまでの時間は、健康状態のバロメーターと言われている。すなわち、寝つきまでの時間を把握できれば、自分がきちんと質の高い睡眠を取れているか、客観視できるというわけである。

「ふたつ目は『眠りの深さ』です。入眠直後の眠りの波が一番深く、起きるまでに徐々に波が浅くなっていくことが理想です。忙しい現代人は眠りが浅くなりがちですが、脳の老廃物の排出など、深い眠りの時にしかできないことはたくさんあるのです。眠りが浅いという方は、次の対策を試してみてください」(山口さん)

あわせて読みたい

気になるキーワード

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ダイエット」のニュース

次に読みたい関連記事「ダイエット」のニュースをもっと見る

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。