出産・妊娠時こそ見直したい保険、重要なチェックポイントとは?

出産・妊娠時こそ見直したい保険、重要なチェックポイントとは?
出産・妊娠時こそ見直したい保険、重要なチェックポイントとは?
人生の大きなライフイベントとなる妊娠・出産。期待がふくらむいっぽうで、このご時世、本当に子供を育てられるのか心配になる人も多いはず。学費はいくら必要か? そのためには学資保険に加入するべきか? 夫にもしものことがあった場合、保険はこれだけで本当にいいのか? など、今後の生活や資金面での不安要素は尽きない。「教えて!goo」にも、「生命保険の告知後に妊娠してしまいましたが……」と、出産時に何かあったら保険がきくのか不安という声が寄せられている。ライフスタイルが変化するときこそ、保険を見直すベストタイミングといえるだろう。そこで今回は「ナビナビ保険」編集部の石田直樹さんに、妊娠・出産時に見直したい保険のポイントについて、教えてもらうことにした。

■見直すべき保険のポイントとは?

家族が増える場合、保険のどのようなポイントを見直せばいいのだろうか。

「妊娠・出産時に見直したい保険のポイントは、主に『万が一の保障』、『教育資金』の2つです。まず、1つめの『万が一の保障』については、ご主人に先立たれてしまったり、病気やケガで働けなくなったりした場合に、今加入している保険の保障で、家族が不自由なく生活していけるのかを見直すことです」(石田さん)。

これまでとは家計も変わってくるので、必要な費用を算出したい。だが、2つめの「教育資金」については、どれだけ必要なのか見当もつかない……。

「教育費については、文部科学省が発表した資料(表1)で確認していきましょう。幼稚園から高校までは公立に通い、大学は私立で下宿が必要な場合、教育費の総額は1,473万円になります。これは子供一人あたりになりますので、人数が増えた場合や、幼稚園から高校までが私立となれば、さらに金額が増えます」(石田さん)

あわせて読みたい

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「フェス」のニュース

次に読みたい関連記事「フェス」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月10日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。