医師が指南!効果的な風邪の予防策

医師が指南!効果的な風邪の予防策
医師が指南!効果的な風邪の予防策
風邪予防としてマスクや手洗いを心がけている人もいると思うが、対策をしているにも関わらず、具合が悪くなったことがないだろうか。冬は体調を崩しやすい季節ということもあり、少しでも効果的な予防を実践したいものである。そこで今回は医療法人長岡内科医院院長の鈴木飛鳥先生に風邪の予防策について聞いてみた。

■予防しているからと油断は禁物

まずは予防が万全ではないことを鈴木先生は指摘する。

「風邪予防に関して科学的根拠のある予防策は多くありません。ライノウイルスやRSウイルスなどは接触感染が重要であるため、ウイルスとの接触を避けることで予防できる可能性がありますが」(鈴木先生)

あくまで、風邪をひく可能性が減るだけだという。

■予防策は大きくわけて2つ

予防策は大きくわけて2つあると鈴木先生が教えてくれた。

「1つ目は風邪の感染経路を遮断し、感染源との接触をさけることで物理的に風邪ウイルスとの接触機会を減少させること。2つ目は風邪に対する抵抗力を高めて風邪にかからない体作りをすることです」(鈴木先生)

1つ目にあたるのが「手洗い」、「うがい」、「マスクの装着」による、ウイルスとの接触をさけること。2つ目にあたるのが、「バランスの良い食事」、「適度な運動」、「良質な睡眠」の体の内部から抵抗力を上げることだ。

「その中でも特に重要なのは『手洗い』といえるでしょう。風邪などの感染症は、飛沫感染だけでなく、ウイルスが付着したドアノブなどを介して感染する接触感染があります。手についたウイルスを洗い流す『手洗い』は最も効果的な予防法であり、石鹸による手洗いは呼吸器感染症による医療機関受診を45%減少させます。同時に注意することはウイルスに汚染された可能性のある手で目、鼻、口に触れないようにすることです」(鈴木先生)

あわせて読みたい

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る 2018年1月17日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。