規模が優位にならないビジネス…どんなのがある?

高度成長期やバブル経済、グローバル化を経験した日本経済。市場は既に成熟し、新しいビジネスが生まれにくい土壌と見る目もある。そんな平成不況の真っ只中では、大企業が目を向けないニッチなビジネスが注目されていた。そんな規模だけが優位にならないビジネスは、今後も創設されていくのだろうか。「教えて!goo」でも、「規模が優位にならない商売って何がありますか?」という質問が寄せられていた。

そこで小規模ビジネスの現状について、「比企起業塾」の運営や起業支援を行う、関根雅泰さんに話を聞いた。

■規模が優位にならないビジネスとは?

ビジネスでは規模が大きいほど優位になる傾向がある。規模が優位にならないビジネスとはどのようなものだろう。

「規模が優位にならないとは、拡大しない道を選ぶビジネスになります。個人事業主や小規模企業レベルで行っている小さなビジネスで経営者個人にお客様がついているのが特徴です。私達が運営する『比企起業塾』では、そのような小さなビジネスを行う事業者をミニ起業家と呼び、『職人型』、『先生型』、『場主型』の3つに分けています」(関根さん)

ミニ起業家の3つの分類にはどのような違いがあるのか聞いてみた。

「職人型は、ミニ起業家自身の『ワザ』を使って稼ぐビジネスです。例えば、整体師の栗原直道さんは、東京都やシンガポールで月1回の頻度で整体サービスを提供しています。デザイナーの久保田ナオさんは、グラフィックレコーディングという技術を使い会議や研修内容を記録する仕事をしています。建具職人の袴田さん夫婦は、お客様宅に足を運び、飼い猫に破られない網戸の張替等を行っています。これらは、ミニ起業家自身が身体を運ばないと提供できないビジネスであるため拡大しにくいのです」(関根さん)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク