いざという時に役立つ防災グッズとは

いざという時に役立つ防災グッズとは
準備は万全にしよう
東日本大震災から1か月が過ぎ、いまだに収まらない余震に不安な毎日が続く。備えが必要と思いつつ今まで怠ってきたけれど、今度こそは本気で防災グッズをそろえようと思っている人も多いのでは。

では実際に必要なもの、あると役に立つものは何なのか。教えて!gooのQ&Aから、震災を経験した人たちの声を拾ってみた。

震災に備えて用意すべきもの

災害対策に必要なもの

本当に必要な防災グッズとは?

消防庁のホームページでは最低限必要な防災グッズとして、印鑑、現金、救急箱、貯金通帳、懐中電灯、ライター、缶切り、ロウソク、ナイフ、衣類、手袋、哺乳びん、インスタントラーメン、毛布、FM文字多重放送受信機能付ラジオ、食品、ヘルメット、防災ずきん、電池、水を挙げている。

今回の震災の経験者からも、ロウソクは懐中電灯より便利だったという声が聞かれたほか、マッチや手動充電式ラジオ、携帯電話の充電器などが必需品として挙がっていた。

また、意外に忘れがちなのは、靴、メガネやコンタクト、入れ歯など。建物内に閉じ込められた場合などに備えて笛を常時携帯する人もいる。公衆電話を使うための10円玉、食品包装用ラップ、アルミホイルなども重宝されているよう。

しかしこれだけそろえれば相当な量になる。管理はどうすればいいのか。

   「防災用品は、緊急時に持ち出せるバッグ(1〜3日分)と、長期的避難生活に対応した備蓄品(1週間が目安)の2種類に分けて保管すると良いそうです。また、何かの

あわせて読みたい

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る 2011年4月14日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら