弁護士が解説――交通事故解決に役立つ「ドライブレコーダー」の証拠能力

弁護士が解説――交通事故解決に役立つ「ドライブレコーダー」の証拠能力
弁護士が解説――交通事故解決に役立つ「ドライブレコーダー」の証拠能力
みなさんは自分が交通事故に遭った際、自分の言い分を正しく主張することができるだろうか。中には事故に興奮してうまく主張が伝えられなかったり、相手に言いくるめられてしまったりすることもあるかもしれない。
そうした危険を防ぐために最近、「ドライブレコーダー」という機器が注目を集めている。
これは自動車に取り付けることで、その運転記録を残してくれる代物だ。実際の映像が残っていることは、事実の客観性を保障するのに役に立つ。しかし実際の裁判など、訴訟の現場でドライブレコーダーはどれくらいの証拠能力を持っているのだろうか。「教えて!goo」にも同様にこのような質問が寄せられている。

「ドライブレコーダーの証拠能力」

■証拠?それとも参考資料?

質問者の同僚は会社からの帰宅時に事故に巻き込まれてしまい、相手が悪いと判断されそうな事故にも関わらず、裁判沙汰になってしまったそうだ。
質問者は今後のことも考えて、同僚にドライブレコーダーの設置を勧めたが、同僚が保険担当者に相談したところ、ドライブレコーダーはデジタル映像であるがために、改ざんの危険性を帯びており、延いてはその証拠能力が低いと言われたとのこと。この意見に疑問の声を投げかけている。

回答者は、2つの意見に分かれた。1つは、証拠能力は低いが参考資料としては役に立つという意見である。

「証拠にはなりませんが、参考資料としては役に立ちます」(kisinaituiさん)

あわせて読みたい

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月11日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。