出産後のひどい物忘れ……「産後ボケ」の正体を医師に聞いた

出産後のひどい物忘れ……「産後ボケ」の正体を医師に聞いた
出産後のひどい物忘れ……「産後ボケ」の正体を医師に聞いた
新しい命と対面する出産は、女性にとって心身ともに大きな影響を受けるイベントだ。だが、この幸福の瞬間とともに、精神的にも体力的にも大変な育児が始まる。そのような大事な時に限って、物事を忘れっぽくなったり、言葉がうまく口から出てこないなどの症状に見舞われることがあるという。出産経験者からこのような症状の報告が多くあり、女性たちの間では通称「産後ボケ」と呼ばれているそうだ。

新生児の育児という猛烈に忙しい時期にこの産後ボケで悩まされ、二重の疲労とならないよう、この症状について出産前に知っておきたいところだ。そこで、産後ボケの正体や予防対策について、女性医療クリニックLUNA心斎橋の大林美貴先生に話を伺った。

■産後ボケの正体とは?

「重要な用事を忘れてしまった!」「簡単な会話なのに、言葉が出てこない」……。これらの症状の正体は一体何だろうか。

「産後の集中力や記憶力の低下を感じるというのは、産後うつ病の一つの症状です」(大林先生)

なんと、正体はうつ病の一種だった。まさか産後に自分がうつ状態になっているとは気付かないお母さんたちが多いのではないだろうか。

■ホルモンの減少が原因

つまり、正式には「産後ボケ」ではなく「産後うつ」と称するのが正しいことになる。ではなぜ、うつの症状が産後に現われるのだろうか。

「妊娠中は、女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)が大量に出ていますが、出産を契機に急激に減ってしまい、それに伴って、元気を出すホルモン(セロトニン)も減ってしまうといわれています。そうしたことが原因で、疲れやすくなったり、気力や集中力の低下が起こります。これが産後ボケと世間でいわれる症状の原因です」(大林先生)

あわせて読みたい

気になるキーワード

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る 2016年7月16日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「フェス」のニュース

次に読みたい関連記事「フェス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら