梅雨時期、水周り以外でも気を付けるべきカビ対策と対処法

梅雨時期、水周り以外でも気を付けるべきカビ対策と対処法
梅雨時期、水周り以外でも気を付けるべきカビ対策と対処法
本州も梅雨入りし、蒸し暑さを肌でも感じる日が増えてきた。ご存知の通り梅雨には、北からは冷たく湿った空気が、南からは暖かく湿った空気が、私達の遥か頭上で夏をめぐってせめぎ合う。長期にわたって日本列島に停滞する梅雨前線によってもたらされる湿気は、カビの温床となり得るのである。

これに合わせて、風呂場や洗面所などの対策をしている人は多いだろう。しかしカビが、水周り以外で気づかぬうちに繫殖しているとしたらどうだろうか。「教えて!goo」にも、「クローゼットにカビがはえて何着かカビがはえてしまいました。」と、質問が寄せられていた。そこでこの梅雨の時期に、水周り以外で気を付けるべきカビ対策と処理方法について、お掃除オーガナイザーでクリスタルミューズ代表の木村由依さんに話を聞いた。

■あまり知られていなカビの繁殖場所とは

梅雨時期に意外と忘れられがちな、カビの発生場所はどの辺りだろうか。

「下駄箱の中、エアコンのフィルター、通気口にたまったホコリ、窓とカーテンの間、押し入れの中、部屋のすみの床や壁、家具の裏、トイレの手拭き用タオル、古い書籍などの紙類にもカビは発生します。ホコリを水拭きした際に白い雑巾についた黒っぽい汚れは、ホコリに含まれたカビです」(木村さん)

水周り以外では、風通しの悪い場所にホコリが滞り、そのホコリに湿気、温度、雑菌が揃うとカビが発生するとのこと。目に見えるところ以外にも、カビは繁殖していることが分かった。それにしても紙類にも発生するとは……。

あわせて読みたい

気になるキーワード

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る 2019年6月13日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。