カフェインがもたらす利尿作用のメカニズムを医師に聞いた!

コーヒーやお茶には利尿作用があると聞く。その原因はカフェインであると分かるが、カフェインが体にどのように働きかけることで、利尿作用につながるかは、分からない人が多いのでは。そこで今回、兵庫医科大学小児科学の服部益治さんと、昭和学院短期大学の特任教授で医学博士である國香清さんの両名に、利尿作用のメカニズムから、利尿作用がもたらすメリット・デメリット、利尿作用の効果を減らす方法があるのかを伺った。

■利尿作用のメカニズム

まずはカフェインが体に与える影響を服部医師が解説してくれた。

「カフェインの身体への作用は3つあります。1つめは、脳に対する作用です。脳を興奮させ精神を亢進させることで眠気と疲労感を除去します。2つめは、血管に対する作用です。筋肉の血管を拡張させます。3つめは、腎臓に対する作用です。血管拡張で腎血流増加とともにナトリウムなどの再吸収を抑えます。この3番目の作用が、利尿作用に関係します。アルコールも同様です」(服部医師)

腎臓への働きについて國香教授は次のように解説する。

「カフェインは交感神経を刺激するので、腎臓の血管が拡張し、血液ろ過量が増加します。その増加量に伴って尿の生成量が増えるので、排尿の量や回数が増加します。緊張したときに、交感神経が働いてオシッコをしたくなるのと同じメカニズムです。また、アルコールも利尿作用が強いので、飲んだ水分量以上の水分が排泄されます。水分の多いビールでも、多飲すれば脱水状態になります」(國香教授)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク