知らなかったでは済まされない!家庭ごみをコンビニに捨てたらどんな罰則がある?

街からゴミ箱が消えている。小田急電鉄は3月1日から駅構内にあるゴミ箱を順次撤去している。東京メトロは1月16日をもって全てのゴミ箱が撤去された。

鉄道会社だけではない。公園からもゴミ箱は消えている。福井県福井市は、福井市が管理している公園のおよそ500箇所において、現在は市が管理すべきゴミ箱は一つもないと明らかにしている。

ゴミ箱が街から消えているのはテロや防犯対策、新型コロナウィルス感染拡大防止などを主な目的としているが、実は家庭ごみ増加に伴う収集コスト軽減もその一つとされており、家庭ごみはゴミ箱の管理者にとって軽視できない大きな問題となっているのである。

■家庭ごみをコンビニ捨てることは違法

「教えて!goo」「家庭ゴミをコンビニのゴミ箱へ捨てる行為について」という質問が投稿されている。質問者は家庭ごみをコンビニに捨てる行為がどんな罪に問われるかを聞いているが、今回はこの問題について法律の専門家である井上義之弁護士(富士見坂法律事務所代表)に話を聞いてきた。

「廃棄物処理法16条は、『何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない。』と規定しています。通常コンビニ等は家庭ゴミの持ち込みを禁止していますから、家庭ゴミをコンビニ等のゴミ箱に捨てる行為は不法投棄となり、廃棄物処理法16条に反して違法となる可能性が高いです」(井上義之弁護士)

家庭ごみをコンビニに捨てる行為は廃棄物処理法16条に触れているという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク