食後に眠くなる理由…「胃袋に血液が集中」じゃなかった! 我慢できない位は要注意

ごはんや甘い物を食べた後には眠くなる。味や食感を思い出しながらウトウトするのは至福のひとときなのだが、「教えて!goo」を見ると、「食事を摂った後」のように食後の眠気に困っている人からの相談が多数寄せられている。そこで、食後の眠気の原因について医師に話を聞いてみた。

■間違いだった昔からの伝承

筆者が幼い頃、食後の眠気の理由として周囲の大人から教えられたのは「食べたものを消化するため胃袋に血液が集中して、脳に血液が行かなくなるから」だった。果たして真実は?

「それは違います」と即答するのは、All About「家庭の医学」ガイドを務める医師の清益功浩先生だ。小学校の担任をはじめ、結構な人数がもっともらしく話していたのだが、やはり間違いだった。大人の言うことを信じてはいけない、とはよく言ったものだ。

さて、気を取り直して本当の理由を聞いてみよう。筆者の周囲には「血糖値を下げるためにインスリンが分泌され、脳に供給するブドウ糖が不足するため」との推測もあったが……。

■ブドウ糖不足、副交感神経、オレキシン…

清益先生は「その説も可能性はあります」とし、「食後に上昇した血糖に対して、膵臓からインスリンが分泌され、血糖を下げて正常に保ちます」と人体の機能について語り、「血糖が高めに維持され、インスリンが強く働くと一時的な低血糖を起こすこともあります」と理由を説明する。

インスリンには血糖を抑える働きがあり、低血糖とは血液中のブドウ糖が不足する状態。エネルギーの源であるブドウ糖が不足することで脳の働きも悪くなり、眠気が生じるわけだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク