毎月の給与と共に配布される給与明細。多くの場合、社会保険料分の天引き分が記されている。みなさんは、その金額がどのように決められているか疑問に思ったことはないだろうか。実は、ある期間の給与額を基準に決まっているというのだ。となると、その期間稼ぎ過ぎると、保険料が高くなり損をするのではないか……。「教えて!goo」にも「社会保険料は、4~6月働いた分が反映されますか?」とユーザーから疑問の声が寄せられていた。そこで特定社会保険労務士である岡佳伸さんに、社会保険料の金額が決まる仕組みと、基準となる期間は給与の額を抑えたほうが得なのかという疑問について教えてもらった。

■社会保険料の金額が決まる仕組み

社会保険料がどのように決定されるか聞いてみた。

「『社会保険』とは、厚生年金保険、健康保険、介護保険の総称です。『資格取得時決定』、『随時改定』、『定時決定』という3種の方法により決定された『標準報酬月額』に基づいて算出されます」(岡さん)

保険料が決定される方法が3種あるという。

「『資格取得時決定』は、厚生年金保険にはじめて加入するときの決定方法です。定められた初任給などの給与を標準報酬月額として厚生年金保険料を算出します。『随時改定』は、昇給や降給などにより報酬が大幅に変動した際、標準報酬月額の変更を行うことです」(岡さん)

「定時決定」は、どのタイミングでの算出だろう。

「『定時決定』とは、既に決められている標準報酬月額と、実際被保険者に支給される報酬が大きくかけ離れていないか、毎年1回、4~6月の報酬を確認し保険料算定する方法です。具体的には、4~6月の各月の報酬を『算定基礎届』に記入し年金事務所に提出すると、その平均額を元に報酬月額を算定し標準報酬月額が決定されます。決定された標準報酬月額は9月~翌年8月まで適用されます」(岡さん)