休眠口座、「気にしなくてもよい」のはこんな人!専門家が解説

2019年12月、三菱UFJ銀行が2年間取引のない口座を対象に、年1200円の口座維持手数料の徴収を検討していることが報じられた。取引をせずに眠っている口座、すなわち「休眠口座」に関しては以前から困惑の声も多いが、「さほど気にする必要はないのでは」と専門家。一体どういうことなのだろうか?

■そもそも休眠口座ってナニ?

「教えて!goo」「旧姓で残っている銀行口座やクレジットカードについて(現在使用なし)」という質問があるが、使っていない銀行口座の処理が面倒で先延ばしにしている人も多いはず。
休眠口座とは、引出しや預入、振込入金、口座振替、記帳、残高照会などを10年間行っていない口座のこと。10年経過すると預金保険機構に移管され、民間公益活動に活用されることになる。

「移管されたからといって預金者の財産でなくなるわけではなく、原則として無期限で元の金融機関で払い戻しを行えます」

と話すのは、ファイナンシャルプランナーの資格を持つ相続・終活コンサルタントの明石久美さん。預金者の権利が消滅するわけではないのでひとまず安心。とはいえ、解約するつもりなら移管される前に手続きを済ませた方がよさそうだが、

「9年経つと、金融機関から事前通知が届きます。しかし、住所変更をしておらず届かなかったり、重要なお知らせと知らずに捨ててしまったりするケースも多いです」(明石さん)

とのことなので注意しよう。以上を踏まえ、「是が非でも休眠口座を確認した方がよい人」と「気にする必要がない人」の特徴を挙げてもらった。

当時の記事を読む

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月12日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。