厚労省がすすめる新型コロナ感染防止策を講じた葬儀の実現が難しすぎる?

厚労省がすすめる新型コロナ感染防止策を講じた葬儀の実現が難しすぎる?
【新型コロナ】厚労省発表の「遺体等を取り扱う方へ」を葬儀アドバイザーが読み解く 厚労省がすすめる新型コロナ感染防止策を講じた葬儀の実現が難しすぎる?
厚生労働省が4月15日に「新型コロナウイルスに関するQ&A(関連業種の方向け)」を発表した。


これは新型コロナウィルスの業務上の取扱についてQ&Aを明示しているのだが、その中に「遺体等を取り扱う方に対して」という見出しで注意事項を伝えている。


感染症でなくなった方の葬儀は特別な対応が求められるが、今回はこの発表を葬儀の専門家の手を借りながら読み解いてみる。話を聞いてきたのは心に残る家族葬というサービスを全国展開している葬儀アドバイザーである。

■厚労省がすすめる感染防止策の実現が簡単ではない

まずは厚労省発表のQ&Aについて率直にどう感じるかを伺った。

「Q&Aの内容に忠実に葬儀を施工するとなると葬儀社もご遺族もかなり負担があるだろうと思います」(葬儀アドバイザー)

一体どういうことだろうか。Q&Aの内容を引用しつつかいつまんで説明してくれた。

「『感染拡大防止対策上の支障等がない場合には、通常の葬儀の実施など、できる限り遺族の意向等を尊重した取扱をする必要があります』とあるのですが、通常の葬儀を実施するとなると、この『感染拡大防止対策上の支障等がない場合』の実現が簡単ではありません」


厚労省は遺族と葬儀社のそれぞれにどんな防止対策をすすめているのだろうか。まずは葬儀社の防止対策を聞いた。

「まず基本的にご遺体は消毒された非透過性納体袋に密封収容し、そのまま火葬することを推奨しています。密封収容された状態であれば感染する恐れはないとQ&Aには書かれていますが、実際の現場では念の為、納体袋を複数重ねて使用しています。そしてご遺体の搬送や葬儀、火葬の従事者には手袋着用を必須とし、血液や体液、分泌物、排泄物などの飛散対策としてマスク、フェイスシールドやゴーグル、長袖ガウンの着用をすすめています」(葬儀アドバイザー)

あわせて読みたい

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月2日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。