耳鼻咽喉科医が教える、熱いものを食べたときに鼻水が出る理由

耳鼻咽喉科医が教える、熱いものを食べたときに鼻水が出る理由
耳鼻咽喉科医が教える、熱いものを食べたときに鼻水が出る理由
温かい食べ物が恋しくなるこの時期、「教えて!goo」には、誰もが経験のある「ラーメン食べるとハナが出ませんか?」という質問が。

回答者たちは皆共感を示しつつ、「ラーメンは食べ方の違いで水蒸気や湯気を余計に吸い込んでしまうのだと思います」(AF2さん)、「ラーメンって、こしょうが効いているせいもあるかも知れませんね! うどんや、そばなら、それほどでもないですよね?」(fushigichanさん)など、独自の見解を述べている。

そこで、慶友銀座クリニック院長で耳鼻咽喉科医の大場俊彦先生に、この疑問をぶつけてみた。

■一日に産生される鼻水は牛乳パック一本分!?

そもそも鼻や鼻水には、どのような役割があるのだろうか?

「鼻と口は体の入り口で、体外から体内にものを取り入れています。鼻の主な機能は、空気清浄機のように小さな異物や細菌、ウイルスを処分し、取り入れた空気を浄化すること。また、取り入れた空気の圧を調節したり、加温や加湿し、浄化されたきれいな空気をうまく気管支から肺に流れるようにする調節機能があります。これは車のラジエーター機能と思っていただければよいかと思います」(大場先生)

鼻の中は粘膜で覆われ、表面を綺麗に保つため鼻水を少しずつ産生しているそうだ。一日に産生される鼻水の量は、健康な人でもなんと1リットルから1.5リットル!
湯気のように、高い温度と湿度を持つ空気が鼻に入ると、熱い空気が直接肺に入らないようにするため、水分を含んだ柔らかい鼻水が作られるとのこと。

あわせて読みたい

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月2日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。