針山にも最適!?余ったコーヒーとコーヒーかすの有効活用3選

針山にも最適!?余ったコーヒーとコーヒーかすの有効活用3選
針山にも最適!?余ったコーヒーとコーヒーかすの有効活用3選
夏の暑い時期はピッチャーに麦茶やコーヒーを作りおきするのだが、ドリップ式のコーヒーでこれをやると時に作りすぎてしまうことがある。余るといってもマグカップ1杯分程度であるが、ホットでそのまま飲むのも良いが、何か活用方法があればやってみたいもの。さらにドリップ式ということで、コーヒーかすも捨てる以外の使い道を考えたい。ということでまずは余ったコーヒーの活用法から紹介したい。

■余ったコーヒーの活用法

アイスコーヒーは、時間が経つにつれ、コーヒーの味が薄れるのが困りもの。最後まで濃いアイスコーヒーを楽しみたい人は、コーヒーで氷を作っておくのがおススメだ。余ったコーヒーを製氷皿に注いで凍らせるだけで作れるので、とっても便利。ストックすれば使いたいときに使いたい分だけ使え、また牛乳を注げばカフェオレも簡単にできてしまう。

■コーヒーかすの活用術

コーヒーかすの活用手段は沢山ある。今回は、「ドリップした後のコーヒー豆」ということで、「教えて!goo」に紹介されていた活用法を試してみることにした。

■コーヒーかすで作る消臭剤

生ゴミを入れるゴミ箱は、気温や湿度が高い季節にとても臭う。そんな時に役立つのが、コーヒーかすで作る消臭剤だ。用意するものは、お茶パック1袋、コーヒーかす8g。作り方はとても簡単。コーヒーかすをお茶パックにいれるだけだ。それをセロテープなどを使い、ゴミ箱の蓋などにつければ、生ゴミなどの嫌な臭いを消臭してくれる。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る 2018年7月17日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。