弁護士に聞いた!自身の死後、遺族が相続で揉めないようできること

遺産相続で揉めるのはドラマの中だけではない。「教えて!goo」でも「遺産相続で揉めています」との質問が寄せられており、いつ我が身に降りかかっても実はおかしくない問題である。自身の死後、遺族が相続で揉めないようできることはあるか。日本橋MY事務所代表で弁護士の森下 欣文先生に聞いた。

■相続で揉めやすい点

相続で揉めやすい点はあるのだろうか? 森下先生によると、

「相続でよく揉めるのは『自宅をどうするか?』と『使途不明金』です。不動産でも投資用物件は売却して分けるなどで解決しますが、自宅は思い入れがあり、例えば、亡くなられた方と同居している相続人がいた場合、その相続人がそのまま住み続けたいが、他の相続人は売却したい場合などで、揉めるケースが多いです。また、亡くなられた人が何に使っていたかわからない使途不明金があると、同居していなかった相続人が『現金・預金額が少ない』とこれも争いに発展するケースです。実際は、亡くなられた方が、生活の中で使用していたり、お子様やお孫さんにお小遣いかお祝いなどといって贈与したりしていることもあります」(森下先生)

自宅を誰にどうするのかを決めて、遺言書を作成する。またお金の使い先も帳簿につけておくなど備えておくとよいそうだ。

■介護でも揉める

また森下先生によると、他にも揉めるケースがあるという。

「亡くなった方が介護されていた場合も揉めることが多いです。よくあるケースですと亡くなった方を相続人の一人が介護をしていた場合、遺産分割協議でそのことが考慮されない場合ですね。また、相続人の配偶者が亡くなられた方の介護をしていた場合(例えば義理の父を介護していた長男の嫁)に、配偶者(例えば長男の嫁)は相続人でなく、相続財産を相続できないので、この点も揉める原因となります。裁判においては通常の介護ではその分を考慮されないことがほとんど、自分を介護してくれる人に感謝を伝えたい場合、そのことを考え遺言書を作成することが重要です」(森下先生)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク