アブやブヨに刺された場合の対処法&予防策

アブやブヨに刺された場合の対処法&予防策
アブやブヨに刺された場合の対処法&予防策
夏休みということで山へキャンプに出掛けた際に、はたまた地方の実家に帰省した際に、都内ではあまり刺されない、アブやブヨに刺されてしまう可能性もあるだろう。その場合の正しい対処法は? 予防策は……? 知らない方のために、銀座よしえクリニック皮膚科医師、廣瀬嘉恵先生にそれぞれの対応策を教えてもらったので紹介したい。

■まずは傷口を清潔な水で洗うこと

アブやブヨに刺されたら、その場はどう処置するといいのだろうか?

「気がついたらすぐに傷口を清潔な水で洗いましょう。消毒液を持っていると良いですが、洗うだけでも効果はあります。もし患部をギュッと押して液を出せれば、症状が軽く済みますが、肌を傷つける恐れもあるのでムリに力を入れすぎないよう注意してください。口で吸い出すのはNGです。最近では市販の『ポイズンリムーバー』という携帯用の吸引器が売っていますので、それを利用するのも良いでしょう。」(廣瀬先生)

ちなみに患部を温める、冷やすといった方法は効果があるのだろうか?

「生物の毒液に含まれる酵素は熱に弱いものがあります。そのため、40度~60度ほどに温めることで成分が壊れ、その後の症状が軽くなる、という説があります。ただ残念ながらこれはまだはっきりと実証された研究があるわけではありません。また、かゆみを起こすヒスタミンは熱に強いため、効果があったとしても限定的なものでしょう。腫れがある場合は肌が炎症を起こしている状態ですから、表面を冷やすことによって症状を抑えることが期待できます。しかしこちらも起きている症状を緩和する程度のもので、治すことができるわけではありません。」(廣瀬先生)

あわせて読みたい

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る 2017年8月15日のライフスタイル記事
「アブやブヨに刺された場合の対処法&予防策」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    ちなみに写真のアブはヒラタアブといって刺したり噛んだりしない種類です。

    11
  • 森の風太郎 通報

    薄手の長袖、長ズボン・・・アブの場合は服の上からでもガンガン刺してくるので効果無しです。羽音が聞こえたら振り払う、聞こえなくなったら体の何処かに止まっていると考えた方が良いですよ。

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。