咳エチケットができない人の心理

咳エチケットができない人の心理
咳エチケットができない人の心理
寒くなってくると風邪を引く人が増えてくる。そうではなくても風邪予防のために、日頃から外出時はマスクを着用している人も多いのでは? だが、なかには風邪気味でもマスクをせず、ゴホゴホと咳き込んでいる人もよく見かける。

単に喉の通りが悪く咳をしている可能性もあるが、近くにいる人にとっては「風邪をうつされたら」「息やつばが飛んできたら……」と気になる光景だろう。特に公共の乗り物の中ならなおさらである。彼らはどうして咳エチケットができないのだろうか……? 今回は咳エチケットができない人の心理について迫ってみたい。

■口を押える人と押さえない人の違いは?

咳が出そうになった時、手で口を押さえる人と押さえない人の違いは何なのだろうか。心理学者の内藤誼人先生に、その心理を聞いてみた。

「共感性の差ですね。共感性とは、『他の人の立場で考える』能力のことで、『自分が相手で、もし唾がかかったら嫌だろうな』という判断ができないために、手で押さえないんですよ」(内藤先生)

人によっては人がいる方向を避けて咳をする人もいる。こうした行動が取れるかどうかも、内藤先生が指摘する共感性の差のひとつなのだろう。いわば相手のことを考えた行動が取れるのか、という配慮の問題なのかもしれない。

ではひどい咳が出る場合に、マスクをつける人とつけない人の心理についてはどうだろか。なかにはマスクをつけることがダサいと気にして、つけない人もいるようだが……?

あわせて読みたい

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年11月14日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。