鯉のぼり、色に込められた意味は?

鯉のぼり、色に込められた意味は?
拡大する(全1枚)
鯉のぼり、色に込められた意味は?
5月5日は子供の日である。男の子の厄よけと成長を祝う行事だが、この時期になると家の近所で鯉のぼりが上げられるのを目にする人も多いのでは? 何気なく見ている鯉のぼりだが、その色の意味について考えたことはあるだろうか。

「おしトピ by 教えて!goo」「鯉のぼり、真鯉のお父さんは黒、緋鯉のお母さんは赤。では子鯉は何色?」と意見を募ったところ、鯉のぼりの色について指摘する声が多く集まった。

■子鯉は何色だと思う?

「上段の真鯉は黒、中段の赤鯉は赤で、下段は青じゃなかったか」(TAK26さん)、「二人息子なので、青と緑色でした。もちろん、親父は黒ですが」(サム蔵さん)という意見にもあるように、鯉のぼりの色をきちんと認識している人が多いようだ。

子鯉の色について、寄せられた意見を拾ってみると「(前略)…小さい鯉が子供だから『赤』『青や緑』『黄色』の信号色。…(以下略)」(木納明日香さん)、「(前略)…子供は、男の子は青、女の子はピンクです」(アレキサンダーさんちゃんさん)という意見が多かった。

■鯉のぼりの色の由来って知ってる?

おしトピに寄せられた読者からはこうした意見が寄せられたが、実際はどうなのだろうか。日本の行事に関する情報を発信し、子供の日にちなんだ鯉のぼり飴を発売中の金扇ドロップス株式会社に、鯉のぼりの定番の色、色の由来についてお聞きした。

「鯉のぼりの定番の色は、上から真鯉=お父さん(黒色)、緋鯉=お母さん(赤色)、青い鯉=子供(青色)の3匹です。色の由来としては、鯉のぼりは『万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなる』という説である『五行説』の色で表されています」(金扇ドロップス株式会社)

当時の記事を読む

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク