ささくれができるのは親不孝だから?

・ビタミンA…緑黄色野菜やレバー、卵、かぼちゃ
・ビタミンB2…レバー、牛乳、うなぎ、いわし、納豆、アーモンド
・ビタミンB6…かつおやまぐろ(赤身)、鮭、バナナ、さつまいも
・ビタミンC…野菜全般(特に赤ピーマンや菜の花)果物全般(特にアセロラ、いちご、柑橘類)、いも類、緑茶
・ビタミンE…アーモンド、うなぎ、かぼちゃ、ひまわりの種、綿実油

「ほかに、脂質は3大栄養素であり、細胞膜やホルモンの元になります。良質な脂質はn-3系脂肪酸(α-リノレン酸、EPA、DHA)と呼ばれるもの。血液をサラサラにする作用や抗炎症作用があるとされます。特に青魚やえごま油、しそ油、亜麻仁油に含まれます。肉の脂やバターなどの動物性脂肪(飽和脂肪酸)の摂り過ぎは、皮脂の分泌を過剰にしてしまうので控えましょう」(加藤さん)

偏りなく色々な食材を日々摂り入れることが大切とのこと。ほかに、体調不良や運動不足などによる血行不良、手肌の乾燥なども原因となるそうだ。また、ジェルネイルやリムーバーを多用している人も要注意。アルコール系の成分は、皮膚の乾燥をもたらすのだという。できるだけリムーバーを皮膚に付着させないように気を付けよう。

●専門家プロフィール:加藤 里奈
一般社団法人健康栄養支援センター 臨床栄養部部長。予防医学をテーマにしたクッキングの開催や、行政・企業等主催による各種講演会、食育イベントなどを多数行う。

(酒井理恵)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

■関連記事
皮膚科医に聞いた手の乾燥対策
なぜ、夜に爪を切ってはいけない?
北枕で寝るのは、なぜいけない?
■人気Q&A
運送の仕事をすると背縮む?
ささくれは親不孝??
編集部おすすめ

当時の記事を読む

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク