医師に聞いた!二日酔いになりやすい人、なりにくい人の違いとは?

医師に聞いた!二日酔いになりやすい人、なりにくい人の違いとは?
医師に聞いた!二日酔いになりやすい人、なりにくい人の違いとは?
お酒を過剰に摂取した翌日に生じる二日酔い。年齢や性別問わず、ビール1杯で二日酔いになる人もいれば、日本酒やウイスキーなどをたくさん飲んでもケロッとしている人もいる。その違いは一体何なのだろうか。「教えて!goo」にも、ひどい二日酔いに苦しんだ男性が「二日酔いになりやすい人となりにくい人の差は何ですか?」と質問していた。その違いは持って生まれた体質(遺伝)なのか、二日酔いを予防、緩和する方法はあるのか、長岡内科医院院長の鈴木飛鳥先生に話を伺ってみた。

■二日酔いになる、ならないは遺伝?

お酒の強さは“遺伝によるもの”というのは、本当なのだろうか。

「頭痛や吐き気、倦怠感などの不快な症状が生じる二日酔いのメカニズムは、未だ不明な点もあります。しかし、お酒の主成分エタノールの分解産物である、アセトアルデヒドなどが原因のひとつと考えられています。二日酔いになりやすい人、なりにくい人の違いは、毒性の高いアセトアルデヒドを、体内で分解する酵素の力が強いか弱いかによります。その酵素の力は遺伝による体質が関与しているのです」(鈴木先生)

具体的に、どのように遺伝子が関係しているのだろうか。

「アセトアルデヒドを分解する酵素のひとつであるALDH2の遺伝子は2種類あり、分解能力の高い『N型』、低い『D型』が、ひとつずつ両親から受け継がれます。日本人の約56%は分解能力が高くお酒に強い『NNタイプ』、約40%は程々に飲める~お酒に弱い『NDタイプ』、残りの約4%はアセトアルデヒドの影響を受けやすく、お酒が飲めない『DDタイプ』に分類されます」(鈴木先生)...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る 2017年10月13日のライフスタイル記事
「医師に聞いた!二日酔いになりやすい人、なりにくい人の違いとは?」の みんなの反応 13
  • 匿名さん 通報

    福岡県民は飲んでから乗る> そいつらは殺人犯予備軍だ。他の福岡県民に迷惑だから福岡県民を名乗るな。

    10
  • 匿名さん 通報

    薬害教育は見かけるけど酒害教育はあまり聞かない。若い頃から知っといて損はない。一気飲み殺人も防げるはず。

    8
  • 匿名さん 通報

    この世でイチバン迷惑なのは、お酒をしつこく勧められることだ。「飲まね〜‼︎酒は嫌いだ‼︎」何度言えば分かるんだ‼️

    7
  • 匿名さん 通報

    アルコール依存症になれば、一生一滴も飲んではいけない。その難行苦行の果てに心が折れて自殺する不幸な人間もいるんだ。酒は笑い事で済まされないほど怖いもの。もっと知らせるべき。

    7
  • 匿名さん 通報

    酔っ払いって、迷惑。

    7
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。