防寒しながら着膨れしないコーデはインナーの活用で実現できる!

防寒しながら着膨れしないコーデはインナーの活用で実現できる!
防寒しながら着膨れしないコーデはインナーの活用で実現できる!
肌寒くなると防寒対策として厚着をする必要があるが、困るのが着膨れするデメリットだ。ユニクロのヒートテックのような薄着の肌着でも、長袖となると話は別だ。ブラウスやシャツならまだしも、ウールのタートルネックなどと合わせると、腕のところがゴワゴワして着膨れしている感じが出てしまう。さらにそのうえにカーディガンを羽織ろうものなら、腕が一回り太く見えてしまうような……。「教えて!goo」にも「寒い冬はどう乗り切る??」と、着膨れに悩む声が。なにかいい方法はないのだろうか? イメージアッププロデューサーの桜美月さんにアドバイスをもらった。

■重ね着をする場合のインナー選び

着膨れの原因の多くはインナーにあるのでは?と感じる人も多いだろう。どんなアイテムを身に着ければ、脱・着膨れとなるのか。

「重ね着をする場合のインナーは、当然ですが薄手の物を選ぶのがポイントです。長袖のインナーでは腕が着膨れするという人は、タンクトップやキャミソール、または半袖のインナーを選ぶといいと思います」(桜さん)

しかし、寒いからこそ長袖のインナーを選ぶ人もいるように思う。長袖のインナーを着つつ、着やせする方法はないだろうか?

「通常の長袖インナーを着る場合、体を包み込むようなゆとりある丈の長めのニット(ざっくりニット)や厚手のだぼっとしたタートルネックを選びましょう。素材は100%ウールやカシミヤ、ふんわりとしたアンゴラがおススメです。着心地もよく、暖かコーデができますよ。ボトムは、すっきりとしたパンツ(スキニーパンツ)やタイトスカートを合わせると、コーデが全体的に引き締まります」(桜さん)...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る 2017年11月13日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「GU」のニュース

次に読みたい関連記事「GU」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。